ペペロンチーノのことを考える

  • LINEで送る
ペペロンチーノのことを考える

ペペロンチーノなんて飲食の仕事を始めるまで知らなかった。

ましてやジェノヴェーゼとかアマトリチャーナなんて、料理名に食材の情報が何もない。

でも何となく日本人の頭のなかには緑色と赤色のパスタが浮かんでくるんだろう。

みんなよく知ってるなー、ってくらい、気付いたらイタリア料理はすっかり日本に浸透していた様子。

自分の知っている話題に興味が湧くのが人の性ってもの。

相手の知識欲に訴えつつ、知ってるようで詳しくはない(多分)ペペロンチーノのストーリーを乗っけて食事を楽しんでもらう。サービスのカリスマでもない自分にできるのはそんな方法と信じてペペロンチーノに思いを馳せてみる。

  • ペペロンチーノ=もはやオイルベースのパスタの総称?

「ペペロンチーノを辛味抜きで」とかオーダーされるもんね。

ペペロンチーノはイタリア語で唐辛子のこと。

私たちの大好きなペペロンチーノは正式名称「アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」直訳すると「ニンニク、オイルと唐辛子」。

いつの間にか定番になったパスタの呼び名は省略されて「アーリオ」でも「オーリオ」でもなく「ペペロンチーノ」と呼ばれるように。

何で「ペペロンチーノ」が残ったんだ?田舎から上京したときに「セブンイレブン」を「イレブン」。「秋葉原」を「葉原」と呼んでいた恥ずかしい過去を思い出して胸焼けがする…。

  • 不名誉なあだ名の数々

ニンニクとオイルと唐辛子だけ。貧しい食材で作れるから「貧乏人のパスタ」とか「絶望のパスタ」。お腹が空いた夜に手軽に作れるから「真夜中のパスタ」。ヴォンゴレ・ビアンコからアサリが無くなったみたいだから「逃げたアサリ」。

並べてみると育ちが悪くて卑屈だけど、実力はあるぜ、みたいな。影があってクールなキャラクターかも。

  • ナポリ王にパスタ用フォークを生み出させた

かつてのナポリの王様「フェルディナンド4世」は愛すべき人物。

庶民の生活に溶け込み「安い、ウマい、早い」3拍子揃ったムール貝が好き。ストリートフードのティエッラ・ガエータがお気に入り。当時手づかみで食べられていたスパゲッティも大好き。

お気に入りのペペロンチーノを宮廷で食べるためにフォークの歯を4本にしたことで有名。

  • チーズは禁忌⁇

アメリカのインターネットサイトにはペペロンチーノにチーズを入れるレシピが多数。

イタリア人がチーズたっぷりペペロンチーノの料理動画を見て悲鳴を上げる姿には郷土料理に対する愛情を感じる。

ニンニク、オイル、唐辛子のシンプルなパスタは、誤魔化しがきかないから実は難易度高め。

でも、「貧乏人のチーズ」って呼ばれるパン粉とかレモンの皮をすり下ろす「貧しいキッチンの工夫」的なアレンジはペペロンチーノを「貧乏人のパスタ」の姿のまま少しの変化を与えてくれそう。

と、ここまで書いたけどレストランのメニューに「アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」が載っているのは珍しい。

昔シェフに何で作らないのか聞いたら「お前は和食の店に行ってたこ焼きを注文するのか」だって。

美味しいけど、あくまでコスパの良い家庭料理ってことなのね。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。